北海道室蘭市の建築設計事務所 瀧澤敦建築アトリエ

瀧澤敦建築アトリエ

設計事例

Topページ > 設計事例 > 和魂洋才の平屋

和魂洋才の平屋

輸入工法である『ツーバイフォーで建てる』という命題を押さえながら、デザイン・マテリアルに和風の要素を内外各所に採り入れることにより、日本古来の精神を大切にしつつ西洋からの優れた技術を活用し、両者を調和・発展させていくことを目指したコンセプトハウス。外壁は「塗壁」を採用。主屋の切妻屋根にカーポートの門が貫入するところは「数寄屋」をイメージ。室内はユニバーサルデザインとなっており、広間に隣接する和室、玄関、書斎、ユーティリティは移動しやすさに配慮すると共に、常に互いの気配が感じられる空間構成は日本の古民家で言う「続き間」を連想させる。玄関ホール正面には壷や花瓶、季節物を飾るコーナーがあり、訪れる者を和の演出で迎える。少子高齢化を見据えた「平屋」の終の棲家である。

一覧へ戻る

TOPへ戻る