北海道室蘭市の建築設計事務所 瀧澤敦建築アトリエ

瀧澤敦建築アトリエ

設計事例

Topページ > 設計事例 > 渾身の縦繁(たてしげ)

渾身の縦繁(たてしげ)

道南の某企業社屋。既設事務所と新設事務所を、渡り廊下を介して行き来する「別棟増築」プロジェクト。事務所機能の充実に徹した必要不可欠の諸室配置。ほんの少しだけの「こだわり」をデザインに求めた。吹抜階段の動線を外部からも伺うことができるカーテンウォール。自然光を贅沢に取り込むエントランスホール。メインアプローチ面の外装に採用したアルミルーバーは、空へ真っ直ぐに伸びる軸線を強調。部材断面寸法と、十分に検討を重ねた取付間隔は、企業のイメージをデザインに表現した「渾身の縦繁(たてしげ)」である。

一覧へ戻る

TOPへ戻る