北海道室蘭市の建築設計事務所 瀧澤敦建築アトリエ

瀧澤敦建築アトリエ

設計の流れ

Topページ > 設計の流れ

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10


1:設計のご依頼・ヒアリング

お住まいに関することや、関係なさそうなことまで、自由にお話しください。
要望、イメージ、家族構成、お仕事、趣味嗜好、ライフスタイル・・・アトリエにお越しくだされば、過去に設計・竣工した実例写真や模型などを使ってご説明させていただきます。
また、ご希望であれば、こちらから出向くことも可能です。 土地探しや土地の取得、設計・工事・竣工後に掛かる費用、設計や工事の期間、お引き渡しまでの流れなど分からないことが色々あるかと思います。出来る限り詳しくご説明させていただきます。
建設地が既に決まっている場合は、場所が判る地図、登記資料、地積測量図などをご持参ください。

2:敷地及び周辺環境調査、関係法令の確認

敷地の状態、周囲の環境を調査します。
敷地には法律によって様々なルールが設けられていますので、ご希望の建物に関連する法規・規制を調べます。調査結果を基にお客様と一緒に現地へ出向き、ご説明や再ヒアリングをすることもございます。
なお、敷地測量・地盤調査などの手配が必要であれば、お手伝いさせていただきます。

3:初回提案

建物のイメージが分かるスケッチや、簡単な模型などを使ってご提案させていただきます。
理想により近づけるため、これを基に改めてご要望をお伺いさせていただきます。
このような簡易なプレゼンテーションを2~3回おこない、イメージを双方で共有できたことが確認できましたら、設計監理業務委託契約を取り交わし、次のプロセスに進みます。

4:設計監理業務委託契約

設計・監理受託契約に先立ち、あらかじめ契約の内容及びその履行に関する事項を説明し(これを重要事項説明といいます)書類を交付(重要事項説明書に記名捺印いただきます)した後に、「四会連合協定 建築設計・監理等業務委託契約約款」による設計監理業務委託契約を締結します。
設計料は、規模・用途によって変わりますが、「平成21年 新業務報酬基準(国交省告示15号)」による設計料を%に置き換えた場合、住宅で総工費の 10%~を目安にしてください。

5:基本設計

お客様と確認したイメージを図面化していきます。
基本設計図を基に、構造・設備の初期提案、役所事前打ち合わせを行います。ご提示いただいた予算金額に納まっているかを確認するため、必要に応じて「概算見積」を作成することもございます。
基本設計業務は、次のプロセス「実施設計」をスムーズに進めるため、かつ後になって変更が発生し、実施設計が振り出しに戻ることがないようにするための確認作業です。
また、この段階で構造・設備設計をある程度詰めておき、建物の外壁や内部仕上、外構の各種材料など、建物に用いる全ての仕上材を、お客様と共に検討した上で決定します。

6:実施設計

基本設計で行った作業を基に、実施設計図面を作成します。
基本設計の段階では描かなかった詳細図・構造図(構造計算の結果を図面化したもの)・設備図・仕様書などを、建築専用CADを使って大きな縮尺の図面に描き起こし、細かい部分まで表現します。その他にも天井の図面(天井伏図)や、全ての部屋を四方展開した図面(展開図)、建具や家具(建具表・家具詳細図)、外構図など、一般的な戸建の住宅でも20枚以上、時には100枚近くの図面を描き上げることもあります。
実施設計図面は、次のプロセス「工事費見積」において、施工会社が工事金額・施工方法の拠りどころとする重要な伝達ツールです。従って、全ての情報が盛り込まれている必要があります。

7:.工事費見積・施工会社選定

施工会社へ見積の作成を依頼します。
お客様が希望する施工会社が特にない場合、一般に複数の施工会社に対して見積りを依頼します。施工会社からの提示金額・図面の理解度などを総合的に判断し、お客様が業者を選定する際のアドバイスをさせていただきます。施工会社からの提示額がお客様のご予算にそぐわない場合、設計変更・仕様変更や各種調整を行います。施工会社が決定した後、お客様と施工会社の間で工事契約を結んでいただきます。

8:建築確認申請

関係法規、諸条例に応じて、建築確認や開発許可などの申請・届出を行います。
宅地造成許可申請や開発許可申請などの特殊な申請が必要になる場合には、申請のための手数料や申請図書作成費などの別途費用が発生します。これらは敷地調査を行い、建設地における関係法規のチェックを行った段階であらかじめご説明させていただきます。

9:工事監理・竣工引渡

着工すると、施工状況、工事の進捗をチェックするプロセスに入ります。
施工中は、図面の通りに作っているか、工事の工程に遅れは出ていないか、整理整頓が行き届き、安全で的確な現場運営がなされているかなど、全てにおいてチェックします。さらに工事完了時点では、図面の通りに出来上がっているか、仕上げに不良はないか、清掃がきちんとなされているかなど改めて検査を行い、その後お客様に検査をしていただきます。
また、関係官庁の完了検査・消防検査などの行政検査も同じ時期に行います。
全ての工事・検査が終わりましたら、お客様に引き渡しとなります。
カギの受け渡し・設備機器の取扱い説明・保証期間など、建物をお使い頂くために必要なご説明をさせていただきます。また、建物の完成写真の撮影なども、この時期に行います。

10:アフターフォロー

建物お引き渡し後1年を目処に経年検査を行い、不具合がないか確認します。この経年検査に関わらずお気づきの点などがございましたら、いつでもご連絡ください。

INFORMATION

メールでのお問い合わせ

TOPへ戻る