北海道室蘭市の建築設計事務所 瀧澤敦建築アトリエ

瀧澤敦建築アトリエ

よくあるご質問

Topページ > よくあるご質問

設計のご依頼について

Q:敷居が高いイメージがあるのですが・・・

A:そのように感じてしまう雰囲気を醸してしまったことは、建築設計事務所の反省すべき点でございます。
瀧澤敦建築アトリエは、室蘭港、白鳥大橋、測量山ライトアップ。遠くは噴火湾を挟んで渡島半島の山々を望む風光明媚な住宅街にあります。一軒家の敷地内に建つ小さなアトリエです。
西胆振観光の折に、まずは気軽にお立ち寄りください。

Q:相談だけでも良いですか?

A:もちろん構いません。
気になることなどがありましたら、気軽にお電話かメールにてご連絡ください。
相談だけで料金がかかることはありませんので、ご安心ください。

Q:ローコスト住宅でも設計してもらえますか?

A:設計いたします。
予算の条件をポジティブにとらえ、シンプルでムダのない「引き算のデザイン」を提案させていただきます。

費用について

Q:設計料はいくらですか?

A:設計監理料として、総工事費の10%を目安にしてください。新築工事の場合は下限を200万円としています。リノベーション等の設計監理の場合は別途協議といたします。
(設計監理料とは、建物を建てるための設計図書の作成、工事費見積の精査・調整、建築確認申請、工事監理、物件によっては構造や設備の専門家に依頼するための技術設計料などをいいます。)

Q:費用はいつから発生するのですか?

A:初回のご相談は無料です。設計のご依頼をいただきましたら、住まいに対する要望、イメージ、家族構成、お仕事、趣味嗜好、ライフスタイルなどの個人情報をヒアリングします。並行して計画地及び周辺の環境調査、法規チェックの結果を盛り込み、初回案をご提案します。これを基に2~3度打合せを行い、お互いの人柄や住まいづくりに対する考えを理解しあえるようでしたら、設計監理業務委託契約を締結していただきます。この時点で初めて、契約条項に則り初回の設計料が発生します。
仮に契約まで至らなかった場合でも、資料収集などに要した実費、車両損料などについては有料となります。収集した資料は提供致しますが、ご提案した著作物(図面・スケッチ・模型など)については全てご返却いただきます。
また、ご提案に際して得た個人情報は秘密保持に努め、ご迷惑のかからぬよう適切に処理させていただきますのでご安心ください。

Q:いくらで家が建つのですか?

A:建て主それぞれの家に対する考え方、ライフスタイル、敷地条件などによって、基本的に「同じ家は無い」はずです。従って、ハウスメーカーのように「標準仕様で坪○万円」というような提示はできません。逆にご予算をお伝えいただければ、それに応じた設計を行いますのでご相談ください。

完成までの期間について

Q:初回設計から建物の完成まで、どのくらいの期間がかかりますか?

A:設計に関しては「時間はあって無いようなもの」といえます。建築設計のクォリティを高めるには、充実した歳月をかけてじっくりと積み上げていくのが理想です。しかしそれは必須ではありません。完成時期についてご要望があれば、あらかじめお伝え下さい。出来るかぎりご希望に添えるよう努力します。

設計実例について

Q:設計した家を見ることはできますか?

A:常設モデルハウスはご用意していないため、すぐにご案内できる物件はございません。
お客様の住宅が完成した際も、必ずしもオープンハウスを開催するとは限らないのが実情です。 ただ、お客様の了承を得て、完全予約制の見学会を開催できることはありますので、見学をご希望の方はご連絡ください。次回の機会の際にご案内させていただきます。

その他

Q:ハウスメーカーに頼んだ方が簡単に家が建つし、金額もあらかじめ判って安心です。 設計事務所に依頼するメリットは何ですか?

A:例え話として「全国チェーンの居酒屋」と「地元密着経営の居酒屋」を想像してください。
前者は、安くて早い。味は予想通り。店員の対応はマニュアル通り。お財布を気にせず気軽に食べられる。
後者は、調理方法にこだわり、早朝から市場で新鮮な食材を調達している。安くはないが良心的。少々癖のある店主ですが、好みや予算に合わせ融通が利くのはもちろん、裏メニューに出逢えるかもしれません。
ハウスメーカーと設計事務所の違いは、アルバイトが作るレンジ料理と、板前が腕によりをかけて作る創作料理のようなものとお考えいただき、ご自身がメリットを感じる方にご依頼ください。

Q:リノベーションはリフォームとは違うのですか?

A:「リフォーム」という言葉を良く耳にされるかと思います。これは「老朽化した建物を元の状態に戻す」ことを指します。マンションやアパートなどの場合、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことをいい、外装の塗り直しや、キッチンなどの水廻りの変更、壁紙の張り替えなど、壊れていたり汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり新しくしたりすることをいいます。業界では「原状回復」とも呼び、実は建築設計事務所が介入することを必要としない軽微な工事のことなのです。

INFORMATION

メールでのお問い合わせ

TOPへ戻る