北海道室蘭市の建築設計事務所 瀧澤敦建築アトリエ

瀧澤敦建築アトリエ

設計の考え方

Topページ > 設計の考え方

『ひと』+『とち』=『いえ』

住宅設計とは、建て主の要望のみをそのままカタチにすることに非(あら)ず。
家は地面に建てるもの。建て主の要望だけでなく、口を利くことができない土地からも意見をしっかり聞いてあげることが必要です。「人」に様々な生い立ちや性格があるように、「土地」にもその場所だけが持つ特徴や個性があります。住む人の要望・ライフスタイルなどの明確な条件と併せて、その土地ならではの特徴・周辺環境の中から、隠れたルールや、よいところを見つけ出し、間取りやデザインというカタチにしていきます。
『ひと』+『とち』で初めて、自分らしさ、居心地よさを備え、長く付き合える『いえ』ができると思います。

空間の対比と演出

広い部屋、高い天井、明るい室内・・・全て理想と感じる空間ですが、私は立ち止まって考えます。
「何故そう感じるのか?」と。
過去に住んでいた部屋が、意に反して狭かったり、暗かったり、何故そうなのかという理由もわからず、ただ漠然としたマイナスイメージの影響があると思います。 では「広い・高い・明るい」といったプラスイメージばかりを住宅に持ち込んだらどうなるでしょう?
希望通りで一見良さそうに思えますが、常にテンションMAX。落ち着いて暮らせなくなってしまいます。
そこで私は「ハレ」と「ケ」の場を意図的に設定するよう心がけています。ハレの場は「演劇的空間」。ケの場は「沈黙的空間」。住宅は、常に高揚を求める百貨店や遊園地と違い、高揚と安寧・動と静が共存する建築です。
対比と演出をデザインに盛り込み、変化する使い勝手、様々な心情に対応できる空間を創りたいと思います。

当たり前に創る

『団らんは家人も楽しいし、その家を設計した人もうれしい。』建築家 故 吉村順三氏の言葉です。
団らんとは、家族のコミュニケーション。私の設計する住宅は、団らんを促す(くすぐる)ものでありたい。
家を建てたらそれで終わりではありません。
日々変化する家族の生活に合わせ、家もどんどん変えてゆかなければなりません。
棚を作る、間仕切る、つなぐ、手入れする・・・「家を育てる」とも言えます。
安全・安心は今や当然となっています。どんなにローコスト(低価格)、ローエフォート(低労力)、例えば土地付き建売住宅のようなものでも、安全・安心は自動で付いてくる。しかし『団らん』はどうでしょうか?
建設会社(施工者)も、設計者も、どんなに有名な建築家でも、団らんを住宅設計に盛り込むことは非常に困難です。しかし「住宅設計は、団らんを促し、誘発し、くすぐることができる」と確信しています。
あとは、そこに住む人がどんな人かで決まります。

間取りは土地で決まる。
家は人で決まる。
その土地を読み、当たり前に創るのが設計者であり、それが私の仕事。
最終的には「人」が創るものです。

INFORMATION

メールでのお問い合わせ

TOPへ戻る